i
 ■:開眼供養とはとは
   
   協力会からのご紹介祭壇のご案内

 ■:お墓の供養の豆知識

   :神式・キリスト教のお墓参り
 
  TOPページに戻る  ×閉じる 
 
     
 
祭壇の豆知識 

 ■開眼供養(かいげんくよう)とは 
  • :お墓が完成したら、開眼供養を行います。
  • :これは僧侶の手によってお墓を単なる石から個人の霊が宿ったものに変えてもらう儀式です。
  • :開眼供養の事を「入魂式」「魂入れ」と言います。
  • :開眼供養と同時に遺骨を納める場合は、納骨法要も行います。
 
   開眼供養を行う時期
    
     :お墓の完成日
     :故人の四十九日
     :百か日
     :一周忌
     :三回忌
     :初盆
     :お彼岸
      などの法要の時に行います。
 
  
      
   開眼供養の行い方

     :菩薩寺の僧侶に相談し、開眼供養を行う日時を決定します。
     :墓前に白布を敷いた小机を置き、その上に内敷をかけ、燭台、花立て
      お供え物を置きます。
     :開眼供養が終わると納骨します。
      (開眼供養を寺院に隣接した寺墓所で行う場合は、本堂に集まります。
         本堂の仏前に遺骨を安置し、僧侶の読経が始まったら、順番に焼香します。
         本堂での供養が終わると、全員でお墓に向かいます。)


 
    開眼供養の費用


   :開眼供養の費用は以下のような ものがあります。      
    
   □仏具の借用代
   □供物代
   □花代
   □納骨代
   □香立て
   □僧侶のお布施
   □法要後のお礼宴席代


  

 ページトップへ       ×閉じる      


    霊園での開眼供養の行い方
     
    :霊園で開眼供養を行う場合は
     どちらかのお寺の僧侶に霊園ま
     で来てもらうことになります。
   
  ●この手配は通常北摂霊園協力会
    相談カウンターで行っています。 
     
 ページトップへ



お墓の供養 
 
  お墓参りの時期 

    :春秋のお彼岸、故人の「祥月命日」=(故人となった月日です) 
    :月命日  
    :お盆  
    :お正月   
      などにお参りします。  

  お墓参りの時期

    :線香、ロウソク、マッチ、お供えの花、故人の好物
    :数珠、手桶、柄妁等が必要です。(霊園では各区番内に手桶、柄妁は設置。)

  お墓参りの時期 

   □:お墓の掃除
     :お墓回りのゴミ、落ち葉、雑草などを取り除き、墓石をたわしで洗います。

   □:お供え物
    :墓前に花やお菓子や果物、お酒などの供え物を供えます。
       (北摂霊園では必ずお持ち帰りください。烏・鹿・猪の餌になる為)

    
□:線香をたく
    :お供えが終わったら、ロウソクに火をともし線香をたきます。

   □:墓石に水を掛ける
    :墓石に水を掛けるのは、故人の罪を浄化するといういわれがあります。

   □:合掌礼拝する。

 
  お墓参りの時期
  
   :神道では、お墓を「奥津城(オクツキ)」といいます。
    故人の「祥月命日」に行う霊祭
    (一年祭・三年祭・五年祭・十年祭・二十年祭・三十年祭・五十年祭・百年祭)や、
     月忌のお参りをします。
    
   :お供え物には水、洗い米、塩、お酒を用います。
     個人の好物を供えてもよいでしょう。
  
   「祥月命日(しょうつきめいにち)=故人の亡くなった月日と同じ月日を
         祥月命日
と呼びます。」
  
  お墓参りの時期

   :キリスト教では、お墓参りの日は特に決められていません。
    お供えは花だけの場合が多く、カーネーションや白菊などを花立に供えます。
 
ページトップへ 
 ×閉じる




TOPページに戻る


copyright©2013 大阪北摂霊園協力会 all rights reserved.